用語集 その7

個人教誨とは別にグループ教誨という宗教行事もあります。
これも希望者のみ。
こちらは1回願箋を出しておくとずーっと有効で、年に3~4回呼び出されて(もちろん、前触れなくいきなり)、
各工場から集められて、(僕の場合は浄土真宗なので)坊さんの話を聞いて、おしまい。
浄土真宗の場合は、全工場合わせて20人ぐらいだったかな。
当然のことながら、その間、一切、私語やわき見は禁止で、何好き好んで希望出すの? って代物ですが、
何しろほかに楽しみないから気分転換になるし(何しろこれがなかったら、その間、ずっとミシン針と材料を見つめてるだけ)、
刑務所側の勧める行事に参加しておくと何らかの好材料になるかもしれないので。

  • 運動会

年に1回、運動会があります。
工場対抗で、種目はリレーとか色々。
僕は1回目、大縄跳び、2回目、綱引きで参加しました。
開催されるのは、10月の1回目の矯正指導日で、通常の刑務作業には全然影響ないようになっています。
何よりこの日は弁当が支給される、年に数度しかない、「白いご飯」が食べられる日です。
なお、運動会そのものは午前中で終わり、午後からは普通の何もない矯正指導日です。

  • おせち

正月はおせち料理が出ます。
といっても簡単な弁当のようなものですが。
ただし、これも祝日菜とかど同様の扱いなので、元日の昼に出されて、夕食下げるときに同時に下げられる、
という、丸一日も味わってられない代物です。
んでもって正月三が日は通常の食事のときのご飯が白米です。

  • 祝日菜

あ、これ書いてなかった。
「菜」ってついてるけど、野菜じゃなくってお菓子です。
祝日の昼食時にご飯と一緒に出されて、夕食時に袋を下げられます。
2類集会や3類集会のお菓子よりはかなり少なめだけど、
それでも無茶苦茶楽しみなもののひとつです。

用語集 その6

  • A食・B食・C食

刑務所内の食事は、原則、みんな同一なのですが、
ご飯の量が、体格や刑務作業の内容によって異なります。
僕がやってたみたいな、工場に出て座り仕事の人はB食、
同じ工場でも立役の人はA食、
修繕工場や洗濯工場など、ハードな作業の人はA食、
何らかの事情(集団生活ができないとか、病気で外出が困難とか)で室内で内職するような人はC食、
懲罰中などで刑務作業に従事していない人はC食、
って具合に分かれています。
当然、ご飯の量は、A食>B食>C食 となります。
うちの工場では、配膳されてくるときにご飯茶碗の蓋の色で区分けされていました。
えんじ色がA食、白がB食、って具合に。

あと、これとは別に、体格によってもご飯の量が違います。
身長185cm以上の人はご飯の量が多めだったけど(これは蓋が水色)、
A食と比べてどうだったかは不明。

ただ、いずれにしても、基本の量が根本的に少なかったので、
もう少し刑期が長くて立役になってたとしても(A食になったとしても)、
ご飯の量は期待できなかっただろうなぁ。

刑務所内では、定められた宗教行事に参加することができます。
僕の場合、被害者の命日を個人的に供養したいこともあり、
毎年(といっても刑期2年なので2回だけだったけど)、願箋を出して「個人教誨」をお願いしていました。
個人教誨というのは、所外の宗教家(仏教ならお坊さん、カトリックなら神父さん)に来てもらい、
個人的に話を聞いてもらったり宗教的儀式(僕の場合は被害者を供養してもらうこと)をしてもらうことです。
もちろん、こういう施設なので、受刑者の希望が丸々聞き入れられることもなく(僕の場合、命日の10月8日に合わせたかったのですが、そんな希望はスルーです)、
お願いをしてしばらくしてお坊さんの都合がついてから、急遽呼び出されて、
個人教誨となります。

ちなみに仏教は主だった宗派(浄土宗、曹洞宗臨済宗天台宗真言宗日蓮宗浄土真宗など)、
あと神道カトリックプロテスタント(どの程度宗派を網羅していたか不明)にも対応していました。
さすがに、真宗内の各派(西と東とか)には対応してなかったけど。

僕の個人教誨に来ていただいたお坊さんは説法が理知的で、
こういう話し方、僕的には好みでした。(上から)

用語集 その5

  • 願箋

何かお願いをするたびに書かなければならない、書類のようなものです。
特別な物品の購入をお願いしるとき(2類に上がった時に2類で買えるもの(ナイロンタオルなど)を買うときとか)、
宗教行事への参加をお願いするとき(個人教誨とかグループ教誨とか)、
特別な発信をするとき(雑誌のアンケートを出すときとか)、
何か通常のルーチンと異なることをするときはいちいち願箋です。

  • 官本

体育館の脇に図書室が設けられているのですが、そこで月に2回、本を借りることができます。
この、図書室で借りて読む本を官本といいます。
(対する自弁書籍は「私本」ということになるとおもうのですが、あまりこちらの言い方はしません)
1回3冊まで。
月に2回借りられるのですが、これでは全く間が持ちません。
結局、勉強とかして暇を潰すしかないという。

  • 個別入浴

通常、集団入浴なのですが、私の場合、ずっと個別入浴でした。
ゲイバレしてるとそういうことになるみたいです。(何もするわけないのに)
作業中、ほかの人より早めに呼ばれ、他工場の人数人と連れ立って、小さいお風呂に連れていかれます。
他は(おそらく)、私と同じくゲイと思われる人、トランスと思われる(通常、入浴中も監視されるんだけど、この人の時だけカーテン閉められたので)の人、車いす使ってる年配の人、など、およそ、集団入浴に入れてしまうと問題があると思われる人です。
ありがたいことに、集団入浴よりは監視が緩かったようです。
何でも、集団の入浴場は浴場内にも番台のようなものがあり、ずっと動作を監視されて注意を受け続けるとのことだったので。
ちな、個別入浴は、時々窓越しにチェックされる程度です。

加古川刑務所内、一般エリアは、1寮~5寮の5つの居室棟があります。
(女区、交通区は行ったことがないのでわかりません)

1寮は独居房で、1階が懲罰房と病棟、2階が出所間際の人用の独居です。
懲罰房がさすがに縁がありませんでしたが、病棟には出たり入ったりしている人がいました。
(体調悪くなっては病棟入りして、一般居室に復帰して、また病棟入りして…っていう)
また、僕自身、出所間際の2週間ほどはここで過ごしました。

2寮は独居房です。
教育期間が終わって、工場に配役された当初はここでした。
何らかの問題(僕の場合は性指向)があって、雑居房に入れられない人用の独居房です。

3寮は雑居房です。
当初、訓練工場配役中、6人用ぐらいのだだっ広い部屋に一人入れられました。
ほとんどの人は、ここでしばらく1~2年ぐらい、ほかの人と一緒に生活することになります。

4寮は独居房です。
ここは、長年(っていっても1~2年)勤めて、問題のなかった人が移ることのできる独居房です。
2寮に比べると、かなりきれいです。
雑居経験者によると、雑居はかなり辛いそうです。
そのため、ここに移るのはかなりのご褒美だとか。
私には、「部屋がきれいになってよかったなー」ぐらいの感想しかないのですが。

5寮は独居房と雑居房が混在しています。
1階が雑居、2・3階が独居だったかな? (1・2階が雑居、3階が独居だったかも)
うちの工場(12工)は縁がなかったのですが、いくつかの工場は、ここの独居・雑居を使うようです。
また、この棟には会議が併設されているので、出所前の教育では、よくここに入ることがありました。

  • 午睡

休日(土日祝など)の午後、13時から15時まで、2時間ほどの仮眠時間があります。
この時間は昼寝をすることができます。
もちろん、寝るなら寝る、起きるなら起きるで、横になりながら本を読むとかは厳禁ですが。

  • 立役

長年(といっても、加古川の場合、おしなべて景気が短いので、3~4ぐらい)勤めていると、立役(たちやく)という、リーダー的役割を担わされます。
工場全体のことに気を配って、新しく入った人に仕事を教えたり、工場内の雑務(昼食の配膳やら食堂の掃除やら…)をしたり、という、なかなか骨の折れそうな仕事です。
報奨金は高くなるし(一般は4等工どまりで、3等工以上になろうとすると、立ち役になる必要があるのです)、ご飯の量は多くなるし、いいことはそれなりにあるんだけど、あんなしんどい仕事、絶対やだ、と思いました。

用語集 その4

  • 2類集会・3類集会

月2回ある矯正指導日に開催されます。
大抵は1回目の矯正指導日に2類集会、2回目の矯正指導日に3類集会です。
優遇区分のところにも書きましたが、優遇区分2類の人は2類集会と3類集会に、3類の人は3類集会に出られます。
集会は体育館に集められ、あらかじめ指定された座席に座り、ステージ上のスクリーンではテレビのドキュメンタリー番組を録画したものが上映されます。
その間、私語をすることなく、「喫食はじめ」の号令で黙々とお菓子を食べ、「喫食やめ」の号令で順次席を立ち居室に戻ります。
何が楽しいんだ? でしょ。
でも、これが楽しみで仕方ないのです。
何しろ所内生活で数少ない、「甘いものを食べる」ことのできる時間です。
集会の1~2週間前にお菓子の希望を聞いて回られるのですが(大体、お菓子の組み合わせ3種類+飲み物3種類から選べる)、もうどれにしようかなと迷いながら決めてから、当日までわくわくしっぱなしです。
ええ歳したおっさんが。
それぐらい食に飢えた生活なんです。

  • 準面・本面

準備面接・本面接の略。
ある日突然、刑務作業中に呼び出されます。
これがまずは、準備面接。
大体、出所の半年前ぐらいです。
呼び出されると、地域の保護観察官の方と話します。
罪状によってはここでかなり厳しい話をされるようですが、僕の場合は特にこれといったこともなく。
もちろん、人ひとり死に至らしめたことは重大なことですが(一生背負っていくしかないことだとも思っています)、故意犯ではないし、出所後の生活も決まっているしで、特に言うことはなかったようです。

その後、出所3か月前ぐらいに再度突然呼び出されます。
これが本面接。
準面の時とは別の保護観察官の方との面接です。
これまたさらに厳しいことを言われるようなのですが、僕の場合はこれまたこれといったこともなく。(実情、居眠り運転だったので、「それはいかんなー」と厳しめの表情で言われた程度)
あとは、この保護観察官大阪市の保健福祉関係の仕事をしておられたらしく、HIV関係のイベント(SWITCHとか)にもかかわっておられて、ゲイの話でプチ盛り上がりでした。(普通に「北欧館」とか通じる)

  • 報奨金

刑務作業に伴っていただけるお金。
入所当初は月あたり1000円に満たなかったし、出所間際でも月4000円ぐらいだったので、時給にすると数十円になります。
思いっきり労基違反ですがw、そこはそれ、あくまで給料ではなくって報奨金だから…
なお、いただいたお金は手元に置いておけるわけではなく、預けられているため、使うためにはいちいち申請する必要があります。
その際、別記する「領置金」とは別口座として管理されているため、報奨金と領置金のどっちから引き落とすのかもその都度指定する必要があります。
(結構面倒)

  • 領置金

入所時に持参していたお金、あるいは、その後、親族等から送金されたお金。
当然手元に置いておけるわけではなく、「領置金」の名前の通り、事務所のどっかに預けられています。
当然使うために、いちいち申請する必要があります。(しかも使った結果の物品が届くのは約1か月後)
なおかつ、今現在の残高はこれまた申請しないと紹介できないという不便さ。
さらになおかつ、紹介した結果の金額も、購入申請中のものを予め引いたりとか親切なことはしてくれないので、
「この金額から、申請中のあれの値段を引いて…」と本当の残高を自分で計算しないといけないという、なかなかの不親切設計です。

  • 個票

たぶん、漢字はこれであっているはず。
違反をすると切られる、違反切符のようなものです。
僕は2回切られました。
わき見と、就寝後の読書で。
ちなみにわき見ですが、わき見をしてはいけない、となっているとき(作業中とか整列中とか)は、本当に絶対わき見をしてはいけません。
僕も作業中、ドアの音がして工場に人が入ってきたので、つい、そちらの方を見てしまったのを発見されてしまいました。
この個票、短期間で同じ内容のものが重なると、「落ちる」と言われてます。

  • 懲罰房

工場を「落ちる」と、1か月間ほど預けられる居室です。
刑務作業も読書のような手慰みも何もなく、ただひたすら何もせずに過ごさなくてはいけないとか。
もちろんダラダラ横になるのは不可で。
まぁ、想像するだに地獄ですな。

加古川刑務所の場合、1寮~5寮まであるのですが、うち1寮1階の半分に充てられています。
ちなみに、1寮1階の残り半分は病棟、2階は出所間際の人用の独居房、
2寮は雑居に入れない事情がある人(僕みたいにゲイだとか)用の独居房に充てられています。
仲の良くなったオヤジからは「2寮は幼稚園やからなぁ」って言われてました。
え?じゃぁ1寮は? って聞くと「あそこは動物園や」とのことw

3寮4寮5寮は一般の居室です。
3寮は雑居房で、訓練工場や12工場(僕がいた工場)の人の雑居房もここに充てられています。
4寮は独居房で、基本、3寮の雑居を卒業した人が移ってきます。
僕も途中で2寮から4寮に移されました。
5寮は独居と雑居が混じっていて、僕には縁のなかった別の工場の人用に割り当てられているようです。

用語集 その3

  • 引き込み

出所前(通常2~3週間前)、通常の工場の配役から離れて、出所前専用の居室(名誉寮と言われるところ)に移ること。
本人には事前に知らされることなく、引き込み当日の朝、突然言い渡されます。
他の人の引き込み状況見てると木曜日が多かったので、木曜のたびに「今週かな?」「今週かな?」って期待してたんだけど、僕の場合、全然曜日が違った(確か、月曜か火曜)のも大フェイントでした。

  • 訓練工場

入所して最初に配役される工場。
ここで、これから所内生活で必要な所作を一通り教わります。
それこそ、歩き方、止まり方、作業中・移動中等の気を付けなければいけないこと等いろいろ。
もうずっと、ほぼ怒鳴られっぱなしです。
2週間ほどなのですが、正直、この期間が一番きつかったです。
この先やってけるのかとすごく不安になりましたもん。
結局、そのあと普通の工場に配役されたら、そこまできつくなかったんだけど。

  • 信書

手紙のこと。
受け取る数は無制限ですが、月当たりの発信数は制限区分によって決まっています。
また、発信先もあらかじめ申告したところのみに制限されます。
友人等、新たな連絡先が分かった場合は、願箋出して審査を受ける必要があります。
(元受刑者とかだとよろしくないから…)
また、送受信とも手紙の内容は検査されます。

  • 面会

これも、制限区分によって回数が決まっています。
1回あたり15分。
遠方の受刑者だと許可を得て、2回分を使って30分面会とかできるらしいです。
面会できる人はこれまた予め登録しておく必要がありますが、ほぼ親族に限られます。(4親等以内だったかな?)
内縁もOKだったけど、同性パートナーがいけるのかどうかは不明です。(そもそも当時いなかったし)

  • 名誉寮

引き込み後入所することになる居室のことです。
準解放居室なので、建物外には出られないけど、部屋の出入りは自由…のはずです。
はずというのは結局、僕は入ることができず、ずっと独居だったからです。
一般の居室は1寮から5寮まであるんだけど、そのどこにあるのかすらわからないままでした。

  • 交通区

一般の受刑者エリアとは隔絶された別エリアです。
ここの受刑者と顔を合わすのは運動会や2類・3類集会の時ぐらいです。
引き込み後の名誉寮とかに行かずとも、最初から準解放居室になっているそうです。
ただ、かなり受刑者の自治に任されているため、人間関係が結構難しいとかいう話です。
元交通区だった人の話を聞いた、というほかの受刑者からのまた聞きですが。

  • 女区

加古川には、全国でも数少ない、女性受刑者専用のエリアがあります。
「じょく」と読むそうです。
これはもう、全く見たことのない謎エリアです。
ノンケ受刑者は興味津々だったけど、僕は別にぃ、だしなぁ。

  • 免業日

土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆・それから月2回の矯正指導日など、
作業のない日を総称して免業日と言っています。
合わせると結構な日数になるので、引いた年間作業日数って200日切るんじゃないでしょうか。
作業のこと「だけ」を考えれば、なかなかぬるい職場です。(住環境全般、全然ぬるくないんだけど)

  • 矯正指導日

月2回、矯正指導日と言って、刑務作業のない日があります。
その代わり、集会があったり、感想文を書いたりします。
感想文は、1日5種類の音声番組が流れるので、それの感想を書くか、集会があるときはそれの感想を書くか、になります。
音声番組は、「15分~30分に収まりそうな名作の朗読」「プロフェッショナルな人の半生」「犯罪被害者の手記」「受刑者の手記」「職業案内」「健康生活ミニ情報」などから5つ選んで流されます。
結構時間があるので、思いっきり勉強に費やせましたが、特に勉強するつもりのない者は、苦痛な空白時間だっただろうな、と思います。

用語集 その2

  • 制限区分

受刑者は1種から5種までの制限区分に分けられていて、名札バッジの色で区分けされます。
色によって、月当たりの面会回数・信書の発信回数、居住スペース(1種だと準解放居室だとか)等が変わってきます。
これはあくまで加古川刑務所の場合で、Webとかで見てると、ほかの刑務所ではまたちょっと違うようです。

5種 - 黒。加古川ではまず見ない。よほど重い懲罰を受けた時だとか。
4種 - 白。入所後、訓練工場期間中はこれ。まれにその後、懲罰等でこれに落ちる者がいる。
3種 - 黄色。実際に作業する工場に配役されるとこの色になる。ここから出所間際まで、まず変わることはない。
2種 - 赤。出所前、準面があるとこの色に変わる。蓄髪できるようになるけど、僕の場合、ホモ短髪なのであまり関係なかったw なお、交通区に配役されると初めからこの色らしい。ちょっと羨ましい。
1種 - 青。通常受刑者の引き込み後、あるいは交通区の人の準面後がこの色らしい。「らしい」ってのは、僕がこの色になったことないから。この色から準解放居室に移るらしい。手引き(生活マニュアルみたいなもの)によると、所外へ通いで刑務作業ってこともあるらしい。(加古川でもそれがあるのかどうかは知らない)

  • 優遇区分

受刑者は1類から5類までの優遇区分に分けられていて、類章の線の数で区分けされます。
この類で、行ける集会とか、購入できる物品が変わってきます。

5類 - 類章なし。入所したばかりが確かこれだったはず。4類との待遇上の差は…忘れた。
4類 - 線のない類章。工場に配役されたばかりのときはこれ。後述する臨時のお菓子とかもなく、最低限の類。2類・3類に上がった人も、懲罰等でカジュアルに4類に落とされる。
3類 - 線1本。配役後、半年ほどで3類に上がる。3類になるとまず、3類集会で500円分のお菓子が食べられる。また、分厚めの座布団、運動靴等が購入できるようになる。
2類 - 線2本。配役後、2年ほどして優良と判断されれば(ていうか、2年間、何の懲罰も受けずに過ごせればまず優良とみなされるんだけど)、2類に上がる。2類になると、2類集会にも参加できて500円分のお菓子が月2回になる。また、ナイロンタオル・洗顔フォーム・シェービングジェル・ボディーソープなどが購入できるようになる。
1類 - 線3本。実際に目にしたことはないけど、加古川にも数名入るらしい。食べ物は3類・2類集会プラス、弁当が月1回出るらしい。それ以外は…手引きに明記されていないのでわからない。

  • 等工

工場での作業者としての区分。
十何等工から始まって1等工まであるのですが、変わるのは報奨金の時給です。
最初は10円切るぐらいだったのですが、出所間際には月額3~4000円になってたので、2~30円にはなっていたはず。(安い)
この報奨金で、所内の物品を買ったり、親族に送金したりできます。

  • 落ちる

違反行為等によって、懲罰房に移動になることです。
通常、違反行為があると、「個票」という違反切符のようなものが切られ、度重なると落ちることになりますが、重大な違反だと一発で落ちることもあります。
通常の違反というと、作業中わき見をした、許可を得ず席を離れた、禁止されている時間・場所で私語をした、消灯後に本を読んだなどです。(いずれも僕がやらかしたこと)
重大な違反というと、オヤジに食って掛かった、オヤジの指示にあからさまに従わなかった、受刑者同士でけんかをした、作業拒否をした…とかかな。いずれも僕が目にしたことあるやつです。
一旦落ちると、1月ほど調査の上、別の工場に配役となります。
同じ工場に戻ることはまず滅多にありません。(1度あった。受刑者同士のトラブルで一旦両方落ちたんだけど、調査の結果、明らかに一方は悪くない、と判断されたとき)